世帯年収1200万円のリアル「外食は近所の回転寿司や焼肉」「マンションは繰り上げ返済」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1200万円のリアル「外食は近所の回転寿司や焼肉」「マンションは繰り上げ返済」

回転寿司の写真

回転寿司は行けるけど……

二馬力で家計を支えることで、「収入が増えた」という世帯も多い。日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省)となっているが、共働き世帯ではその倍以上の収入があることも珍しくない。

北海道の30代女性(マスコミ関連)は、世帯年収1200万円。女性は「光熱費などの節約はあまり意識しないで安心して暮らせています」と語った。ほかの世帯年収1000万円~1200万円の世帯は、どのような暮らしをしているのだろうか。(文:中島雄太)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「子どもの教育費に費用は惜しまない」

女性は年収の満足度について、「子どもの習い事など、教育費は高いから無理だとあきらめたことはまだありません」と述べた。

コロナ禍でもお取り寄せやオンライン学習に費用を惜しむことなく使っており、「いろいろなことにお金がかけられるので生活は豊かです」と続けた。

一方、女性は「税金は取られるのに恩恵を受けられるものが少ない」と高所得世帯ならではの不満も語っている。

「ちょっとした贅沢をひとつぐらいはできますが、複数組み合わせてしまうとすぐにカツカツになることが不満。海外旅行などは時間的にも金銭的にも夢のようです」

年収1000万超の世帯でも、子どもがいる場合、時間的・金銭的な余裕は、想像以上に少ないようだ。

東京都の40代女性(不動産業/世帯年収1100万円)は、郊外の持ち家で夫と暮らしている。

「車は所有、旅行は年に国内を2回程度、外食は近所の回転寿司や焼き肉、そば屋など月2~3回、欲しいものはカードで買っています」

と余裕のある暮らしをしている。しかしながら女性は「夫婦ともにあると使ってしまう性格」だと語り、「毎月の支払いに追われている」と嘆いた。

「マンション購入後、毎年100万ずつ6年程繰上げ返済してきましたが、これから数年は老後を見据えて貯金していく予定です」

女性の夫は自営業を営んでいるため、年金が少ないこと、そして退職金がないことから「今のうちに生命保険で積立てている」と語った。

「たまの外食や旅行で豪勢に使う」

茨城県の40代男性(メーカー/世帯年収1100万円)は、両親と同居をしながら夫婦共働きをする生活をしている。「3世代家族なので平日の日中は子どもの面倒を見てもらえるのでありがたいです」と語り、自分たちの動きやすいように動ける環境に感謝を述べた。

また、男性の子どもは中学生と小学生のため、「まだあまりお金は掛かっていないため、今の時点ではゆとりを持った生活を送れています」と続けた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「夏のボーナスいくらですか?」などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」
「妻が専業主婦で働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ