「累計2000万負けた」35年のパチンコ生活を卒業した50代男性「コロナ自粛中に中毒が消えました」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「累計2000万負けた」35年のパチンコ生活を卒業した50代男性「コロナ自粛中に中毒が消えました」

パチンコ漬けの毎日、借金生活から抜け出せない…

パチンコ漬けの毎日、借金生活から抜け出せない…

世の中にはパチンコがやめられず、どんどん深みにハマっていく人もいる。キャリコネニュース読者からも「パチンコに月10万円以上は使っています。借金生活から抜け出せません」(30代男性/正社員/年収350万円)といった声が後を絶たない。ただ一方で、

「学生時代にパチスロを数回経験。少し勝ったがすぐに飽きた。店内の爆音と煙草がダメだった」(50代男性/IT・通信系/年収700万円)
「昔、パチンコにハマって負けが多くなり、友達から借金するようになった。でもそこで友達に『やめろ』と言われて、すんなりとやめられた」(40代女性/パート・アルバイト/年収250万円)

という投稿も少なくなかった。50代男性も紆余曲折の末、今では無事にパチンコ生活を卒業できたと語れる少数派の1人だ。(文:鹿賀大資)

「あの体が震えるほどの快感が中毒になっていたんだと思います」

「年収600万円の正社員です」という男性は、かつてパチンコとスロットを35年以上も続けていた過去を持つ。使った金額について「トータルで1500~2000万円くらいは負けていると思います」と明かし、当時の心境を振り返る。

「1日で15~40万円以上も大勝ちすると、その時の興奮状態が変に記憶として残ってしまうのです。負けが込んでいても、それが瞬時に、かつ鮮明に蘇る感じで。もちろん、やめたいと思ったこともありました。でも大負けして損をしたからではなく、何か漠然と『自分には生きる喜びが皆無だな』という虚しさからです」

そんな思いをしても、結局はパチンコ生活を断ち切れなかったという男性。「時に忘れては、やめるやめないの繰り返しを何度も続ける始末。あの体が震えるほどの快感が中毒になっていたんだと思います」と説明する。そんな男性にも転機が訪れた。それは意外にも新型コロナの影響だったという。

「親を死なせてしまうかもしれない」コロナが不安でパチンコから足が遠のく

「『打ちに行って感染したら死ぬかもしれない、それに自分が親にうつして死なせてしまうかもしれない』。そう思ったら、行きたくても行けませんでしたね……。でも『ちょっとくらいなら』とか、『また終息したらいくらでも遊べる』とか、『いつかはパチンコをやめたい』といった色んな気持ちが交差していくうちに、いつの間にか中毒が消えてなくなりました」

ただ、その決意にいたったのは、前回の虚しさからではなく「パチンコで使った金と時間の浪費」を考えた上でのことだったという。それ以来「パチンコのことは頭に出てこなくなりました」と述べつつ、

「この時期だったからこそ、考える時間が作れてやめられたのかなと思います。今は仕事を大事にし、趣味もできて人生をやり直しています。早くコロナの終息を願うと共に、これからの人生を大切にして行こうと考えています」

とコメントしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「パチンコなどギャンブルがやめられない人」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
パチンコで「私だけ当たらない」とイカサマ疑う女性
パチンコをやめられない年収1000万円20代男性「休日の時間の潰し方をパチンコではなく、何か別のものにしたい」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ