ジャニーズタレントを起用する上場企業の2割超が「今後起用しない」 帝国データバンク調べ | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

ジャニーズタレントを起用する上場企業の2割超が「今後起用しない」 帝国データバンク調べ

広告起用を取りやめる企業が相次いでいる

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川元社長の性加害問題を受け、同社所属タレントの広告起用を見直す企業が相次いでいる。

帝国データバンクは、ジャニーズタレントをCMなどに起用している上場企業65社を対象に調査を実施。9月14日、その結果を発表した。

グローバル企業で厳しい対応続くか

自社のテレビCMなど広告や販促物にジャニーズタレントを起用した上場企業は、2023年以降で65社ある。このうち13日時点で放映中のCMなどを「即時中止する」対応を示したのが6社、契約期間満了後に「契約を更新しない」が10社で、25%にあたる16社が「起用しない」方針を明らかにした。

また、当初は続投方針を示したものの、一転して起用を見送るケースもみられた。起用見直しの理由はいずれも「人権侵害・ハラスメントを一切容認しない」ことが挙げられた。

帝国データバンクは、人権意識の高い欧米市場に展開するグローバル企業や機関投資家が多い金融機関などでは、信用を失うことや取引停止のリスクを避ける目的で、今後もジャニーズタレントに厳しい対応が続くと見ている。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
転職相談で副業

アーカイブ