曽和利光の「働きやすい職場とは何か」

マッチョな体育会系サラリーマンが、ハードワークに邁進するのが標準だった高度成長期のニッポン。しかし低成長や人手不足、グローバル化が進む中、職場の構成員は多様化し、働きやすさのあり方も見直しを迫られている。現代における「働きやすい職場」の姿について、人材研究所代表の曽和利光氏が迫る。