“月収8万ガチ底辺”YouTuberの新しい働き方「もっと働け、と言われることもあるけど自分だけの人生を楽しんで生きていきたい」

画像は動画をキャプチャ

画像は動画をキャプチャ

「月収8万ガチ底辺動画あげてます」──。そう自称するYouTuber「ダンボールニキ」さん(チャンネル登録者数1万8300人)がにわかに注目を集めている。

ダンボールニキさんは地方都市在住の24歳男性。魚屋で1日7時間、週4日、魚を真空パックで梱包するアルバイトをしている。その傍ら、自らの”フリーター生活”についてYouTubeに投稿している。

動画では自身の働き方や、1か月の生活費や家賃などを紹介。9月から働き始めたバイトの給与明細も公開している。9月分の総支給額は7万8077円で、税金などを払うと手元に残るのは約6万円程度だ。「安い」といいながらも、

「ちゃんと働き続けた自信っていうのも付いたし、『頑張ったな』って自分を褒めてあげることが出来て自己肯定に繋がるんで、この金額でも僕はかなり嬉しいです」

と動画で語っている。「僕はちゃんとフリーターとして働いてるし、休まずちゃんと全部行ってるんですよ。えらいでしょ」「(今後も)週4で休まず、自分が辛くならない自分に優しいシフトで続けていこうと思います」と満足げだ。

コメント欄には「同い年でフリーターで手取り8万円で勝手に親近感沸きながら見させてもらってます」「給料が安くても休まず頑張れた自分に自信がつく 良い言葉や」など、無理せず働く姿や考え方に共感する声が寄せられている。

ダンボールニキさんは正社員からの無職期間を経て、2019年からフリーター兼YouTuberとして活動しているが、一体どんな人物なのか。キャリコネニュースは話を聞いた。

会社員時代は「静かにパニックを起こして手が止まってしまいました」