「1日16時間労働で休憩も取れない」ブラック企業の実態を労基に相談してみた結果

ブラック企業で心身ともに消耗する人

ブラック企業で心身ともに消耗する人

ブラック企業で働く人の多くは、退職時に心身を消耗している。決して高くない給料で長時間の労働を強いられているのだから、疲弊するのも無理もない。

そんなブラック企業勤務経験者から、スカッとするような経験談が寄せられた。サービス・販売職の40代男性は休憩時間をめぐって会社とトラブルになった末、労働基準監督署に相談したエピソードを綴る。

「1日14~16時間の勤務で休憩が取れないことも多々ありました。なのにタイムカードからは自動的に1時間削られる。休憩してない分は払ってほしいと会社に言っても『してるだろ!』の一点張り」

実際に休憩をとっていないのだから、会社の主張は理不尽としか言いようがないが、その後どのような結末を迎えたのか、詳しく紹介する。(文:林加奈)

【壮絶!ブラック企業体験談】最新記事はこちらから

「誰も好き好んで1日16時間も働かないし、バカバカしくなりました」