「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

とんでもない企業に入社してしまった……

とんでもない企業に入社してしまった……

一向に収束の気配が見えない新型コロナウイルス。一時より落ち着いたとはいえ、その影響で失業率が上がる傾向にある。キャリコネニュース読者からは、

「不動産・建設系の会社で事務職をしていますが、コロナの影響でコミュニケーション不足を痛感しました。職場環境が一変し、孤立感が半端ないため、転職の準備を進めているところです」(30代女性/千葉県)

という声が寄せられている。千葉県の50代女性からは「医療関係者です。おそらくストレスのせいか、顔面麻痺を発症しました。このままでは続けられそうもありません」という声も。大阪府の50代男性(メーカー)も

「会社の利益は出ているのに、経営層の『先行き不安』という独断で賞与が全カット。それにも関わらず、毎月の役員報酬は本来なら出るはずだった賞与の倍以上。そのため社員の士気も下がり、3割ほど辞めてしまった」

とコメント。それぞれ迫り来る退職を伺わせる切実な投稿だ。今回は三重県に住む40代男性の声を紹介する。(文:鹿賀大資)

【壮絶!ブラック企業体験談】最新記事はこちらから

入社したものの「まったくマニュアルのない会社でした」