【過酷残業エピソード】「官公庁でも月180時間以上。毎朝居眠り運転して事故を起こさなかったのが奇跡」

時間外労働は月80時間が「過労死ライン」と呼ばれている。月20日出勤だと、1日4時間以上残業するとこのラインを超えることになる。

しかし残念ながら実際のところ残業80時間超の人も少なくはない。過労死ラインを超えるという人は、どのような仕事を行い、どのような心持ちで働いているのだろう。キャリコネ会員・キャリコネニュースSNSフォロワーから寄せられた中から「官公庁」に関する経験談を紹介する。

官公庁で管理・事務職として働く30代女性は、上司が病気退職して以降、人員補充がないまま働いているという。

「残業時間は最大で1か月180時間。当時は車通勤で土日含め連日深夜まで勤務しており、毎朝居眠り運転をしていました。一度も事故を起こさなかったのは奇跡だったと思います」

「毎日がだるいの連続。でも数週間経つと疲れを感じにくくなった」