「ベテランパートが一番権力を持っている」という職場 「どちらが社員かわからない」という声も

「ベテランパートが一番権力を持っている」という職場

「ベテランパートが一番権力を持っている」という職場

労働時間が短く、私生活とのバランスが取りやすいパート勤務。正社員とパートが各自の職務を全うすれば、業務もスムーズにまわすことができる。一方で、中には長年勤務するベテランパートに悩んでいるという声も寄せられた。企業口コミサイト「キャリコネ」の口コミを見てみよう。

「パートさんは社長の前会社から引っ張って来た人で、めっぽう気が強い。社員の味方なんていないに等しい。パートさん全員が社長の味方のようなもので、ミスがあったりするとまた気まずい」(その他、20代前半、男性、契約社員、年収240万円)
「パートのおばさんが一番仕事ができて、一番権力を握っているので、そことうまくやれるかが鍵です」(その他、20代後半、男性、契約社員、年収180万円)

社長と長年付き合いがあったり、仕事ができるパートが権力を持ち、社内の人間関係に影響を及ぼしているという体験談が寄せられた。もちろん、正社員・パート関係なく、「仕事ができる」というのは良いことだ。しかしベテランパートに気を遣いすぎて、社員の精神的な負担も大きくなる。こうした状態が続くと、社員の指示が通らない、業務が滞るといった事態が起きてしまう恐れもある。【参照元:キャリコネ】

「社員がマネジメントしづらい」「お局化している」