子持ち男性は「育児より仕事優先」が6割 育休は「するつもりもなかった」が7割、理由は「代替要員がいない」「収入が下がる」

理想は「仕事と育児の両立」だけど……

理想は「仕事と育児の両立」だけど……

日本労働組合総連合会は10月8日、「男性の家事・育児参加に関する実態調査」の結果を発表した。調査は今年9月にネット上で実施し、同居している子どもがいる25~49歳の有職者男性1000人から回答を得た。

仕事と育児の理想について聞くと、「両立」(62.7%)が最も多かったが、「仕事を優先」(19.1%)が「育児を優先」(14.1%)を上回った。現状については「仕事を優先」(56.5%)が最も多く、「両立」は30.4%、「育児を優先」は6.8%となった。

また、男性が育児のために取得した休業・休暇は「年次有給休暇」(35.6%)が最多。次いで、「配偶者出産休暇」(24.6%)、「振替休日・代替休暇」(11.7%)、「子の看護休暇」(10.0%)、「育児休業」(7.2%)となった。なお、育児のために休業・休暇を取得していない人は45.6%と約半数にのぼった。

育休取得するつもりもなく、取得しなかった人「仕事にブランクができる」