中間管理職の6割が「働き方改革で負担が増えた」と実感 「部下を帰すために残業が増えた」「事務作業を依頼しにくくなった」

本当に「働き方改革」できてる?

本当に「働き方改革」できてる?

セルパワーは2月4日、「働き方改革のストレス」に関する調査結果を発表した。調査は1月にネット上で実施し、中間管理職1122人から回答を得た。

働き方改革の進捗状況を聞くと、6割以上の人が「働き方改革が進んでいる」(65.2%)と回答した。具体的な取り組みについては「残業時間の制限」(71%)という回答が最多。次いで「有給消化の促進」(69.7%)、「ハラスメント防止」(38.9%)「働き手の確保」(25.6%)と続いた。

働き方改革は「管理職にしわ寄せがくる」という指摘も