世帯年収1300万円の女性の生活感「外食の回数も少なく、子どもたちは”我が家はやや貧しい”と思っているようです」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収1300万円の女性の生活感「外食の回数も少なく、子どもたちは”我が家はやや貧しい”と思っているようです」

「新築の戸建てを3200万円で買った。悩みは税金が高いこと」

「新築の戸建てを3200万円で買った。悩みは税金が高いこと」

年収1000万円超の生活感がつまびらかにされつつある昨今、「周りにはいないが、ネットでその実態を知るようになった」という人もいるはずだ。

キャリコネニュースでも、世帯年収1200万円以上の読者から寄せられる声を紹介し続けている。その中には「割と普通の暮らし」「意外かもしれないが至って質素」という内容も少なくない。メーカーで働く栃木県の30代女性は、

「夫と子ども1人の3人家族で世帯年収1600万円。すごい我慢をすることもないけど、すごい贅沢ができるわけでもない。1000円のシャンプーが高いと感じるレベル」

と生活状況にとどまらず、金銭感覚についても述べている。大阪府に住む30代女性も世帯年収1000万円超の1人だ。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「新築の戸建てを3200万円で買った」

女性は金融・保険系の会社に勤務しており、夫婦2人暮らしで世帯年収1400万円。貯蓄意識は高いものの「それほど節約はしていない」と明かす。

「投資信託や不動産投資などを積極的に行っている。我慢せずに好きなものを買えるが、車は中古の国産車。貯蓄で現金一括購入した。家は新築の戸建てを3200万円で買った。悩みは税金が高いこと」

埼玉県の40代女性(不動産・建設系/世帯年収1200万円)も「特に贅沢はしていないけれど、困ってもいません」と生活感を打ち明ける。

「子どもの持ち物が壊れたり傷ついたりした時、すぐに買い替えることもできなくはない。でも子どもに『簡単に捨ててリセットできてしまう』と思われるのも嫌なので、まあまあ慎ましく生活しているつもりです」

「『これで良しとするか』と妥協しています」

都内在住の50代女性は、夫婦共働きで世帯年収1300万円。パート勤務をしながら、2人の子どもを養っている。「固定資産税やメンテナンス費用、所得税・住民税、社会保険料に生命保険料が大きいですから」と切り出す。

「学費や塾代なども高額ですが、ここだけは何とか子どもの希望通りにやらせてあげています。うちは授業料補助の対象外世帯ですから大変。おかげで今の自家用車は、もう乗り続けて10年以上」

こうした状況もあってか、普段の生活は地味のようだ。「外食の回数も少ないですし、高額なブランド品もほとんど購入しません」と続ける。

「経済的なゆとりは感じません。でも、もう気持ちが枯れているので『贅沢したい』という欲望もないです。それで何とかやっていけています。子どもたちは『我が家はやや貧しい』と思っているようです。雨風をしのげて3食きちんと食べられ、かわいい小型犬も1匹いて、『これで良しとするか』と妥協しています」

ほかには、

「家族3人とも3ナンバーの車に乗っている。家のローンは完済した」(50代既婚女性/金融・保険系/世帯年収1700万円)

という声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400~600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ