昭和かよ!職場の男女格差「給茶機掃除やお茶くみは女性だけ」「同じ職種なのに男性と給料が違う」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

昭和かよ!職場の男女格差「給茶機掃除やお茶くみは女性だけ」「同じ職種なのに男性と給料が違う」

職場での男女格差に不快感…

職場での男女格差に不快感…

企業での女性活躍推進が注目される昨今だが、職場では依然として男女格差が存在しているようだ。企業で働く女性キャリコネニュース読者からは、

「給茶機掃除やお茶くみは女性だけ。何度転職しても、これだけは同じでした」(兵庫県/40代女性/建築・土木技術職/正社員/年収400万円)
「同じ職種なのに男性と給料が違う」(北海道/40代女性/福祉・介護/正社員/年収300万円)

という声が寄せられている。

また世界経済フォーラムが公表する「ジェンダー・ギャップ指数2020」を見ると、日本の順位は153か国中121位。「日本は男女格差において圧倒的な後進国である」と言わざるを得ない状況だ。(文:大渕ともみ)

「良い成果を出しても『あなたがかわいいからじゃない?』と言われる」

職場での男女格差に不快感を覚える女性は多い。事務・管理職をしている大阪府の30代女性(正社員/年収400万円)は「女性は周りから成果を認められにくい」と不満をもらす。

「良い成果を出しても『あなたがかわいいからじゃない?』と言われる。これは女性しか言われないことだと思う」

と自身の経験を明かした。

兵庫県の50代女性(正社員/年収300万円)は営業職。入社時に言われた「女だから給料は~万円で」という言葉がずっと心に引っかかっているという。会社側は何気なく言ったのかもしれないが、雇用される側からすれば「男女によって待遇が違うのか?」と問い詰めたくなる発言だ。女性が会社に不信感を抱いてしまうのも仕方がない。

三重県の50代女性(専業主婦/年収100万円未満)は、以前の勤め先から受けた仕打ちが忘れられない。

「結婚後、臨時職員にさせられました。私が女だからです」

「会社のシステム上、女性は自動的に一般職をさせられる」

男女によって職種を限定する“時代遅れ”な企業もある。大阪府の30代女性(事務・管理/契約社員/年収250万円)は、前職での理不尽な出来事を振り返る。

「総合職で入社したかったのに、会社のシステム上、女性は自動的に一般職をさせられた。一方で男性は自動的に総合職に」

一般職と総合職では、給料や待遇にも差があるだろう。本人の希望を一切考慮せず、性別のみで職種を決めるとは驚くべきシステムの会社だ。女性は「マイナス……というか差別だと思った」と率直な気持ちを語っている。

ほかにも岡山県の20代女性(素材・化学・食品・医薬品技術職/正社員/年収350万円)は「女ってだけで人事を任されそうになった」と打ち明ける。

日本が“男女格差先進国”になるのは、まだまだ先の話かもしれない。

—–

※キャリコネニュースでは引き続き
「男だから」「女だから」自分の性別がマイナスになっていると感じたことのアンケートご回答や【アマギフ1000円プレゼント】読者エッセイを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ