派遣社員が抱える不安「年収はそれなりだが、いつクビになるか分からない」「正社員は在宅、派遣は出勤が当たり前」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

派遣社員が抱える不安「年収はそれなりだが、いつクビになるか分からない」「正社員は在宅、派遣は出勤が当たり前」

派遣社員が抱える不安

派遣先の企業や勤務地など、自分のライフスタイルに合わせて働くことができる派遣社員。しかし、その一方で、正社員との待遇差や収入面から不満や不安を感じている人は多い。派遣社員として働くキャリコネニュース読者からは、

「将来的な不安定さ」(千葉県/50代後半/男性/年収500万円)
「収入が上がらない」(埼玉県/60代前半/男性/年収200万円)
「手当などの差が多すぎる」(愛知県/50代後半/女性/年収200万円)

といった声が寄せられている。今回は「派遣社員が感じている不満」を紹介する。(文:コティマム)

「今までもこれからも、雇用の不安を抱え続けなければいけないのか」

派遣社員の雇用契約期間は最大3年だ。また、その間も同じ職場で働き続けるには契約更新が必要だ。契約期間は3か月や半年などさまざまだが、更新のたびに「次があるのか」という懸念はついてまわる。

「年収はそれなりだが、いつクビになるかわからない。福利厚生が一切ない」(東京都/40代前半/男性/年収650万円)
「更新時期のたびに継続してもらえるか不安を抱え、もうすぐ3年の満期を迎えます。今までもこれからも、雇用の不安を抱え続けなければいけないのか。今の派遣先は雰囲気がよく、正社員との不平等もほとんどなく気に入っていただけに、あと少しで切られるかもしれないと思うととてもつらい」(大阪府/50代前半/女性/年収200万円)

派遣社員は自分に合わない職場であれば、自ら継続しない意思を伝えられるメリットがある。しかし条件や居心地がよく、ずっと働き続けたい職場だった場合、契約更新時期は毎回不安になってしまうだろう。「これから先も仕事があるか」は、精神的な安定にも関わってくる。

コロナ禍で正社員は在宅勤務「派遣社員は正社員の補佐で出勤が当たり前」

新型コロナウルイスの影響から、テレワークや在宅勤務、感染防止対策などが各企業で進められている。しかし、千葉県の30代女性が「テレワーク差別」(年収250万円)と綴るように、正社員と派遣社員の待遇差を感じる場合がある。

東京都の30代女性(年収150万円)の派遣先企業では、「正社員は率先して在宅勤務にできる」という。しかし派遣社員は「在宅勤務の正社員の補佐で出勤が当たり前の状況」と明かす。

「賃金の差がどのくらいあるのか、聞ける状況ではないのでなんともいえない。でも同じ部署の正社員は、年収400万円以上はもらっているように感じます」

高知県の40代女性(年収200万円)も、コロナ禍での正社員との待遇差に不満を感じている。

「派遣先でコロナ感染対策をしてもらえない。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出されても、大阪から平然と出張してくる元請がいる。打ち合わせ中は密になるのに、窓を閉められてしまう」

持病のある家族がいるため、女性は「感染リスクを考えると気が気ではない」と嘆く。

「この元請が来るかどうかで、毎週ヒヤヒヤさせられる。家族にコロナを感染させる危険が常にあるので、元請が来る時は給料が減ってでも休みを取るようにした」

契約更新が迫っているが、女性は「前回も嫌々更新してストレスがたまりすぎた。絶対に更新したくない」と語る。「派遣会社が無理強いしてきたら、そこも辞めようと思う」と決意は固い。

※キャリコネニュースでは引き続き派遣社員の不満のほかあなたの職場のサイコパスオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ