生命レディを3か月でやめた50代女性「契約ゼロの月は給料なし。そもそも雇用契約書もありませんでした」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

生命レディを3か月でやめた50代女性「契約ゼロの月は給料なし。そもそも雇用契約書もありませんでした」

仕事を即効でやめた体験談

仕事を即効でやめた体験談

社員の定着率向上は、企業にとって大きな課題だ。そのため多くの企業では、制度整備や福利厚生の充実など様々な施策を打っている。

そうした一方で、キャリコネニュースには「仕事を即行でやめた」というコメントも届いている。北海道の20代女性(事務職/年収100万円)は、「先輩との人間関係がうまくいかず退職します」と語った。(文:中島雄太)

カフェを1か月で退職した20代女性「なぜかユニフォームが共用。夏場は特に臭いがきつかった」

「毎日罵倒され、精神的につらくなった」

事務職として働いており、職場の人間関係が問題だった。「先輩に聞きながら仕事をしています」と、ごく当たり前の状況に聞こえるが、女性の場合には状況が少し違う。ミスをするたびに怒られ、「最初は『間違った私が悪い。次は間違わないようにしよう』と考えていた」が、それも長くは続かなかった。

「わからないところや確認のために聞くと『そんなの常識でしょ。どうやって働いてたの』『どうしてできないの』『自分で考えて仕事をして』と否定されて頭が真っ白になり、何も考えられず、自分でもどうしていいかわからなくなります」

次第に女性は今までできていたこともできなくなってしまった。さらに聞こえないと思っているのか、陰口を叩かれていることがわかり、女性は追い詰められていく。

「大きな舌打ちや睨まれたり、何度も怒られたりするうちにその人に対しての恐怖心が増えて萎縮してしまい、気を付けても更にミスを重ねてしまうという悪循環に陥っています」

結果的に女性は精神的に病んでしまい、入社後2ヶ月で退職することになった。

「契約がとれないと給与がなかった」

東京都の50代女性(パート/年収100万円)は、保険の営業をしていたときの経験を語る。その会社では入社後、3ヶ月間の研修期間があった。「月に6件のノルマを課せられ、初月は娘や友達に加入してもらえたのでノルマを達成できました」と語るが、このノルマが女性を苦しめる。

「3ヶ月目からは契約が取れなくなり、0件でした」

その月の給与明細を見て、女性は衝撃を受けた。「契約が取れなかった月は0円でした」と嘆く。勤務は週6日で9時~17時まで働いていたため、最低賃金で計算しても20万円はもらえるはずだった。しかしながら「契約がとれないのであれば、給料はなし」というルールを聞かされ、女性は落胆する。

「契約が取れないから給料なしはどう考えてもおかしいと思います。そもそも雇用契約書を書いた覚えがありません」

その後、労働基準監督署に出向こうかと考えた女性だが、「揉めるのも面倒だ」と考え、そのまま退職。3ヶ月間の出来事だった。

※キャリコネニュースでは引き続き仕事を即行で辞めた人のほか「夏のボーナスいくらですか?」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ