「社員が過呼吸で倒れても、社長だけ平然と仕事を続けていました」職場の驚愕エピソード | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「社員が過呼吸で倒れても、社長だけ平然と仕事を続けていました」職場の驚愕エピソード

仮面の画像

冷たすぎる社長に震撼

仕事をしていると、ときにとんでもない性格の人と出くわすことがある。それが上司や同僚といった身近な人っだったりしたら毎日が大変だ。キャリコネニュースには読者から多数のエピソードが寄せられている。静岡県の40代女性(事務・管理職/年収150万円)は某士業事務所に勤務しており、

「所長が自ら助成金の提案をした際、それに対する客の反応が鈍かった。すると所長は自身の立場もわきまえず、キレ出していた」

という声が寄せられている。大阪府の40代女性(事務・管理職/年収150万円)は「勤続20年以上のお局様がサイコパスです」と切り出し、

「気に入らないことがあると、相手が上司でも誰であっても『私が風紀委員だ!』とストレートに文句をぶつけます。面と向かって言わない時は、相手に聞こえるように『書類が出てないけど、いつもいつも出してくれない!頭おかしいのか!』という調子。皆は腫れ物を扱う感じで接しています」

とコメント。さらに女性は「お局様は文句ばかり言っているせいか、口臭がキツいです」とも付け加えていた。(文:鹿賀大資)

「『社員は家族』が口癖。でも実際は社員が目の前で倒れても仕事優先」

都内に住む20代男性(正社員/年収350万円)は、元勤務先の社長のサイコパスぶりを明かす。その会社のメインは、小規模な就活イベントの企画および運営だった。社内でイベントを開く際には、多くの就活生が集まっていたという。ある日、異様な光景を目の当たりにした。

「いきなり女性社員が持ち場を離れ、執務室に駆け込んだ途端に過呼吸で倒れるハプニングがありました。執務室は騒然とし、その場にいた社員らも『紙袋を持ってきてー!』『救急車を呼んでー!』とバタバタでした。しかし1人だけ平然と仕事を続けている人が。『俺は忙しいんだ!』と言い放った社長でした」

そんな社長だが、日頃から「社員は家族」と口にしており、実際に職場もアットホームな雰囲気だったという。男性は「家族のような社員が目の前で倒れても仕事優先なんだ、と呆気に取られつつ、まざまざとサイコパスぶりを見せつけられゾッとしました」と書いている。

「自身が購読した本の御託を並べる」

「私の元上司は、何でも1番じゃないと気が済まない」と語るのは、大阪府の30代女性(正社員/年収500万円)。とにかく自慢をしたがるタイプで、見ず知らずの外部顧客の前でも「学歴・キャリアにはじまり、資産や家族といったプライベートのことまで鼻高々に披露していました」という。

「ちなみに私は、人事キャリアが14年です。彼はその上司に就いたこともあり、知識や経験で太刀打ちできないと感じたのか、私が“てにをは”レベルの間違えをしようものなら大騒ぎ。部下の前で馬鹿にされましたから。それに出勤直後から朝に仕入れた時事問題のテストを出したり、自身が購読した本の御託を並べたり」

そんな上司に嫌気が差した女性は、自身の目標であった「人事のスペシャリスト」というキャリアパスの道を断念。現在は別部署に異動しており「あんな奴を役員にする会社は辞めようと思っています」と綴っている。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ