「介護では学歴なんて全く不要、と思っていたが……」ある経営者が考えを変えたきっかけ | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「介護では学歴なんて全く不要、と思っていたが……」ある経営者が考えを変えたきっかけ

画像はイメージ

職種によっては、学歴は「不要、関係ない」とされることが多い。確かに仕事を始めてしまえばその通りのこともあるだろう。しかしキャリコネニュースには、「改めて学歴は必要と感じた」という読者から、こんなエピソードが寄せられた。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/NPGZ8QF0

「社員の履歴書を確認したら、学歴と能力の差がはっきりとしていた」

訪問介護の事業所を経営しているという大阪府の40代男性は、龍谷大学を卒業している。男性はそもそも「介護では学歴なんて全く不要」だと考えてた。しかし別の施設に勤める友人との会話で、学歴に対する見方が変わったという。

「友人の施設長に、そこ(友人がいる施設)では『学歴で差をつけている』と聞き、『学歴で介護の差はない』と話したところ、『指示した場合や幹部社員の能力の差がある』と言われて、すぐに自分の事業所の社員の履歴書を確認したら、学歴と能力の差がはっきりとしているのがわかりました。学歴が高い方が、能力があることが多いということです」

また、大卒以上なら指示書を渡せば自分で理解するが、「それ以下はこちらからきちんと説明しないと理解がない」ことが多いという。

友人の指摘によって確かめてみた結果、男性の事業所では学歴と能力が比例していたようだ。実感を次のように明かしている。

「もちろん学歴がなくても良い人はいますが少数で、学歴が高いと能力がある人が多かったです」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ