長時間労働でも手取り11万円「日曜日に出勤してるけど休んだ事にするから」 地方在住20代男性のブラック企業体験 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

長時間労働でも手取り11万円「日曜日に出勤してるけど休んだ事にするから」 地方在住20代男性のブラック企業体験

もっと働け!と言われる毎

もっと働け!と言われる毎

キャリコネニュースではブラック企業をテーマにアンケートを実施。読者からはブラック企業で散々な目にあったという体験談が多数寄せられている。(文:コティマム)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

「初任給手取り17万円、8~17時勤務」のはずが…

長崎県で建築・土木の技術職として働く20代男性(年収200万円)は、以前勤めていた会社がブラック企業だったという。

「求人票には『初任給手取り17万円、勤務時間は8時~17時まで』となっていて、自分の住んでいる地方では1番大きな会社だった」

ことから就職した。しかしいざ入社してみると、現実は大きく異なるものだった。

「実際は初任給は手取りで11万円、勤務時間は6時~22時までで、休日の日曜日も出勤だった。毎月20日に会社に出勤表を提出するのだが次の日電話が来て、『日曜日に出勤してるけど休んだ事にするから』と言われ、休日出勤は無かった事に。しかも勤務時間も改ざんされ8時~17時までにされ、代休も有給もまともに取れない」

長時間労働に加え、勤務時間の改ざん。その上給料も安い。働き方改革とはかけ離れた会社だ。

「現場では1日中働いていたのに、先輩からは『お前は働いてない、もっと働け!』と言われる毎日でした」

ブラック企業には見切りをつけて、長居する必要はないだろう。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ