タイムカードを上層部が改ざん!「月280時間勤務でした」ブラック企業での壮絶な日々 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

タイムカードを上層部が改ざん!「月280時間勤務でした」ブラック企業での壮絶な日々

イメージ画像

画像はイメージ

世の中には、当たり前のように長時間労働やサービス残業を強いるブラック企業が存在する。キャリコネニュースにも、「ある電気部品輸入業者」という読者から

「朝9時から夕方5時30分が定時でしたが、日々毎日、夜10時30分頃まで会社に残っており、作業の手伝いをしておりました。勿論、残業手当は反映されませんでした」(東京都/50代男性/営業/年収500万円)

といったブラック企業体験談が寄せられている。5時間残業では週5日勤務として月の時間外労働は100時間、もちろん過労死ライン80時間を軽く超えている。(文:コティマム)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

「夜勤者は次の勤務まで8時間以上空けるはずが毎日夜勤してる方がいた」

医薬品の配送をしている岩手県の40代女性(年収150万円)は、「契約時間は8時半から17時半。実際は7時から18時半。毎日残業」と会社の長時間労働に不満を抱いている。

「昼休憩もないし、休憩室もなし。配送で事故ると修理代もとられる。最低な会社です」

大分県の40代女性は、ハローワークで見つけた老人ホームの看護師業務に携わったものの、提示されていた勤務時間ではなく、出勤時間が毎日変わり、毎回残業という過酷さだったという。

「夜勤は30分前に出勤し、ヘトヘトになる勤務。残業は必ず届出しないと残業代はでませんでした。しかも夜勤者は次の勤務まで普通は8時間以上空けるはずでしたが、毎日夜勤してる方がいました。これは危険と判断し即退職しました」

「2か月以上の連続出勤、月280時間以上の勤務時間」

東京都の30代女性(サービス・販売・外食/年収300万円)は、「2か月以上の連続出勤、月280時間以上の勤務時間」という過酷な労働環境に嫌気がさしている。しかもこの状況を「経理の上層部が全く知らなかったと言い出した」という。

「もちろん残業・休日出勤手当はなし。勤怠は管理システムを入れているくせに、給与計算は一体誰がしてる会社なんだろうと不思議に思った。申請を出すよう言われて出した残業申請も、見込み残業内の分でしか承認せず」

さらに女性は、怒りを通り越して呆れた様子でこう明かしていた。

「どんなに残業になっても規定時間内でしか働いていないように管理システムのタイムカード改ざんを上層部が直々していたと知った時は、すごい会社に入ったんだなと笑ってしまいました」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ