Amazonレビュー欄、もはやアホの無法地帯? 「自分の機種は非対応だった!怒りの☆1評価!」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

Amazonレビュー欄、もはやアホの無法地帯? 「自分の機種は非対応だった!怒りの☆1評価!」

どこまで信用できる?

Amazonでのお買い物をすると、しばらくしてAmazonからメールでレビューのお願いが届くことがある。めんどくさいので一切評価なんかしたことがないけど、個人的には購入前に他人の書いたレビューを参考にすることは多い。

ちゃんと見ないと、実は日本語が怪しいアカウントの嘘くさい評価だらけだった、みたいなこともある。星の数だけで感覚的な購入をしてしまって、痛い目に遭うような真似はゴメンだ。

と同時に、低評価もあからじめ目を通すようにはしている。ところがこの低評価レビューを書く人の中には「それはあなたに落ち度があるのでは?」って思えるような者も少なくない。(文:松本ミゾレ)

「配達が遅れたので家電量販店で別のものを買いました ☆1」

先日、5ちゃんねるに「Amazonレビュー『よく見たら自分の機種は非対応だった。 ☆1』」というスレッドが立っていた。スレ主はこういうレビューをする人の気持ちが分からないようだ。僕もわからない。

だって完全に当てつけなんだもの。事前にしっかり調べてないで適当に買うから規格外の商品が手元に届いただけだろうし。

で、本スレッドには他にも「レビュー欄で荒ぶっている人たち」に関するあるあるが書き込まれていた。

「配達が遅れたので家電量販店で別のものを買いました ☆1」
「よく読まなかった私が悪いのですが… ☆1」
「USBケーブル買ってiPhoneで使えなかったから☆1とかざらやぞ」

たしかにこういうのよく見る。ほんと「それはお前の不注意がそもそもの原因だろ」と言いたくなるようなレビューって、ちゃんとレビュー読みたい人にとっちゃ立派な検索汚染だよね。

「期待を込めて星5つです!」も迷惑

一方、僕が個人的に一番嫌いなのが、「期待を込めて」系の高評価レビューだ。これも結構ひどい。真面目にレビューする気ゼロとしか思えない。

「まだ商品は届いていませんが、期待を込めて☆5です」とか、そういう感じのレビュー。これはもはやレビューではない。個人的な日記でしかない。日記を読まされても……とこっちは憤ってしまう。

しかも意外とこういうレビューって数が多いのだ。商品レビューの意味を全然わかってない人ってのが、世の中にはまだまだ多いってことなんだろうなぁと。とにかく、こんなのを購入検討段階で読んだところで、全然参考にならない。書き手の自己満足でしかないし、モノがまだ届いてないのにはしゃぐなよ、って思ってしまう。

Amazonのレビューは強制ではないので書きたい人だけが書いているというのが実情。だけどレビューをちゃんと書ける人と、日頃から日記ぐらいの文章しか書けない人ってのが混在していて、まず読む際に「これは参考にしていい意見なのか?」と読み手が選別しなければならない。

そこがちょっといちユーザーとしては手間というか、こういうノイズ系の意見って即座に非表示されればいいのに……なんて思ってしまうところである。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ