ひどすぎ!焼肉屋のバイト面接 「店主がタバコを吸い始め、挙句の果てには火を消すために履歴書を……」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

ひどすぎ!焼肉屋のバイト面接 「店主がタバコを吸い始め、挙句の果てには火を消すために履歴書を……」

画像はイメージ

面接官の態度が悪いとその会社で働きたくなくなってしまう。キャリコネニュース読者から寄せられた、衝撃的な面接エピソードを紹介する。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「あんな態度悪い店員のいる店で働きたくは無い」

東京都の20代男性は、「大阪にある焼肉屋さんにアルバイトの面接を受けに行った時」の話をこのように語る。

「面接の開幕早々に面接担当の店主さんがタバコを吸い始めました。しかも、『タバコ吸っていいか』という断りも入れずに」

男性は当時未成年。嫌だなと思いながらも我慢したという。 これだけでも非常識だと感じるが、店主の行動はどんどんエスカレートする。

「すると、今度は足を組み始め、偉そうな態度をしてきました。挙句の果てにはタバコを消すために履歴書を利用しました。もちろん履歴書は焦げますよね……そんな態度にイライラしながら面接を終え、店を後にしました」

男性は、「もちろん、不採用だったのですがこっちから願い下げだわと思いました」と怒りをあらわにした。さらにその店のクチコミは低評価が多かったことも明かし、「落ちてよかったと思いました。あんな態度悪い店員のいる店で働きたくは無いですね」と投稿を締めくくった。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ