世帯年収800万円で「全然貯金しない旦那。”自分は周りより稼いでいる”と思い込んでいる」という妻の不満 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収800万円で「全然貯金しない旦那。”自分は周りより稼いでいる”と思い込んでいる」という妻の不満

画像はイメージ

キャリコネニュースでは世帯年収に対するアンケートを実施しているが、そこで夫に対する不満を爆発させた読者がいた。

「全然貯金しない、あればあるだけお金を使ってしまう。挙句の果てに、自分は周りより稼いでいると思い込んでいる旦那」

辛辣な言葉を綴るのは、都内在住・40代後半の女性(その他/派遣社員/既婚/子ども2人)だ。

「私が通うエステやヨガ、整骨院をやめるしかない」と嘆く

女性一家の世帯年収は800万円。貯蓄は定期預金が150万円で「スマホばかり見ている旦那」と愚痴をこぼす女性だが、不満はこれにとどまらない。

「住宅ローンや光熱費、子どもの塾代など、すべて引いて旦那から手渡されるのは月に10~15万円。私も働いていますが月に5万円ほどの稼ぎしかなく、月の半分くらいで旦那の給料分の生活費がなくなってしまうので、私の給料を頼る感じになってしまいます」

「しかも現在の家を買い替えすることになり、ローンが3~4万円増える予定です。子どもがまだ中学2年生と小学4年生なので教育費を貯めないといけないのに、学資保険しかやってません。しかも子ども手当から横流し状態です」

と不満を訴える女性。「現状でも私の服など全然買えておらず、美容院も半年に一度しか行けてないのに、家を買い替えてまともに生活できるのか不安です」と不安を募らせる。

ただ、住宅費・光熱費・子どもの塾代を差し引いたあと、10~15万円以上の支出が発生するとなると、その内訳が気になってしまう。家族4人の食費にしては多めのような気もするが……。女性は今後の対策について、

「私は今、エステやヨガ、整骨院に通っているので、今後はそれをやめるしかないと思っています。旦那はクレジットカードを使うのをやめると言っており、それで10万円浮くはずだと言っています」

と明かした。

その出費は本当に必要なの? 収支の見直しを

たしかに世帯年収800万円は平均よりは多いが、これでは将来が不安だ。どうすればいいのか。ファイナンシャルプランナーの大野翠氏(芙蓉宅建FPオフィス代表)は次のように解説する。

<子どもさんの年齢から推察すると、教育関連の出費が今後より増えていくと予想されます。たとえば塾代は、履修する課目数や学年に応じて高額になっていくのが一般的です。さらに、家の買い替えでローンの支払いが増えることが決まっているということですので、いずれにしてもなるべく早い段階で収支を徹底的に見直す必要がありそうです。このままの出費では、今後の支出増に対応できなくなるリスクが高いでしょう。

ご主人のクレジットカード利用や奥様のエステ等の見直しは最優先ですが、そのほかにも「生活費」としてまとめてしまっている出費を一つ一つ見直したいところです。

まず収支の内訳を確認し、課題解決に向けてご夫婦で相談しながら改善していきましょう。その際に意識していただきたいのは「お金の使い道の優先順位をつけること」です。何に一番お金がかかっているのか、それは本当に必要な出費なのか、今すぐなのか、後でも良いのか、など、いろいろな観点から考えてみましょう。

たとえば家の買い替えは今ではないとだめなのか、ヨガやエステは急を要するのか、ご主人のクレジットカードは本当に必要な買い物に使われているのか、などです。すべて納得のいく理由が付けられる出費であれば良いでしょう。しかし、理由がない出費や急を要さない出費に関しては、一旦保留にして熟慮するようにしましょう。お金の使い道の優先度は、なるべくご夫婦で共通の認識を持っておきたいところです。>

—–

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/CPG04M4S

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ