「仕事の良し悪しに関係なく男性が贔屓される。努力する意味を失いそうになりました」と語る女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「仕事の良し悪しに関係なく男性が贔屓される。努力する意味を失いそうになりました」と語る女性

画像はイメージ

「男性だから」「女性だから」。性別による役割分担や印象は少なからず存在する。特に仕事面では、性別によって職種や担当が決まってしまうことも。キャリコネニュースに寄せられた投稿の中から、クリエイティブ業界(メディア・アパレル・デザイン)で働く大阪府の20代女性(正社員/年収250万円)の声を紹介する。(文:コティマム)

キャリコネニュースではジェンダーギャップをテーマにしたアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/ZYVZFJ4M

男性優位の職場 女性は女性で「同性に対して仕事の評価が優しくなる」

女性の職場は「昔は男性の方が多かった業界」だといい、「今でこそ女性も増えておりますが、一部で未だ仕事の良し悪しに関係なく『男性の方が贔屓される・評価を得やすいような空気』を感じました」と語る。

男性の人数が多いことで感じる差もあれば、女性たちの心構えにも感じるところがあるという。

「女性側に関しても、同性に対して仕事の評価が優しくなる傾向であったため、どちらの性別であっても、どうも異性か同性かで評価が変わる空気がまだあるのが引っ掛かっております。正直面倒臭いし、やりにくく感じます」

下の世代の一部に受け継がれる空気「世代交代を待つしかないのかな」

また女性の仕事は「世間では実力主義と言われている職種」だというが、「実際はこのような(性別によって評価が変わる)空気のため、いろいろと矛盾も感じますし、努力する意味を失いそうにもなりました」と明かす。実際に女性はこうした環境でストレスから病気になってしまったという。

「上の世代にまだそのような空気が残ってるからかな……と思う点もありますが、それを見て育った下の世代の一部では、結局受け継がれていることもあるので呆れてしまいます」

女性は「正直、世代交代を待つしかないのかなと半分諦めています」と綴っている。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ