夏のボーナスが「初の手取り100万円超え」と語る女性 「夫を上回ったのも初めてです」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

夏のボーナスが「初の手取り100万円超え」と語る女性 「夫を上回ったのも初めてです」

イメージ画像

画像はイメージ

キャリコネニュースが実施中の「夏のボーナス」のアンケート、実は男性からの回答が圧倒的に多い。回答したくなるほどボーナスが支給される正社員は、男性のほうが多いということかもれしない。しかし中には、宮城県に住む50代女性のように

「額面140万円。昨年夏より40万円アップしました。査定が上がり40万円アップ。手取り100万円超えは初めてなのでありがたいです。夫より額面が上回ったのも初めてです」(企画・マーケティング・経営・管理職/正社員・職員/700万円)

と喜びの声をあげる人も。ちなみに「全額貯蓄予定」とのことだ。

※キャリコネニュースでは「夏のボーナス」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

「50万円ほど。日々の補填にほぼ消えてしまいます」

公務員として働く20代後半の女性は、こんな風に本音を語る。

「去年より少し上がって45万円。公務員なので劇的に増えることはないが、劇的に減ることもないので安定はしている。だが、もっと増やしてほしい」(大阪府/正社員・職員/年収450万円)

30代前半で東京都に住む女性は、「ボーナスは高級品の購入に充てた」としながらも、減額の不満を綴っている。

「60万。不景気で0.15倍分が減った。自動車業界は不景気がコロナ前から続いている。ボーナス減に加え、残業代もありません」(企画・マーケティング・経営・管理職/正社員・職員/年収550万円)

東京都で暮らす40代後半の女性は、「50万円ほど。毎回変わらない」と回答。同時に苦しい家計事情も明かしている。

「手取りになるとかなり少なくなるのがしんどい。賞与自体は少なくはないと思いますが、毎月のお給料が少ないので日々の補填にほぼ消えてしまいます。月々のお給料もっと欲しい!」(事務・管理/正社員・職員/年収500万円)

このほか、熊本県に住む50代前半の女性からは、こんな声が入っていた。

「50万円。ずっと正社員で働いていますが、退職金もあまり出ず、厚生年金も今の額(ほど)はありませんので、老後の貯金にしときます」(医療/正社員・職員/年収350万円)

偶然だが今回の投稿は、冒頭の女性を除くと年齢が変わってもボーナス額はさほど変わらなかった。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ