「俺は電子メールは見ない主義」という部長クラスも 1990年代、IT化で激変した日本の職場

IT化で急激に変わった職場

IT化で急激に変わった職場

前回の記事では、現在50代以上の昭和型上司のデジタルへの恐怖はWindows95が引き起こしたものであることや紙への並々ならぬこだわりはそのトラウマによる反動であることをご紹介しました。(前回はこちら)

今回は、題して“電子メールの悲哀”です。業務効率化が叫ばれて久しいですが、我々昭和のおじさんが若かりし頃は「業務効率化」という言葉はなかったのかというとそんなことはなく、当時から“テクノロジーを活用して業務効率化をする”という必要性が叫ばれていました。

業務効率化を謳う「Windows95」は「一太郎」や「ロータス123」などのワープロソフト(当時は”ソフト”と言っていました。アプリという言葉はまだない時代です。)にはない機能や「見た目」(インターフェイスという言葉もなかったかと思います)を兼ね備えていました。

日本の技術が世界一だと思っていた中で、米国からやってきた「Windows95」はとてもセンセーショナルで、これで一気に間接業務がなくなり連日深夜にまで及ぶサービス残業がなくなるかと誰もが思いました。そこに満を持して登場したのが電子メールです。

ファクスで送られてきたものを普通紙にコピーする、という仕事があった