「キャバ嬢を好きになり通い放題」夫に裏切られた40代女性が加えた制裁 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「キャバ嬢を好きになり通い放題」夫に裏切られた40代女性が加えた制裁

「不倫した夫を一生許すことはない」

「不倫した夫を一生許すことはない」

不倫は当事者にとっては楽しいもの。しかし信じていたパートナーに裏切られた側は地獄だ。これまで築き上げてきた関係が一瞬にして崩れてしまう。キャリコネニュースには、

「死にたくなる思いをした」(40代女性)
「不倫を問い詰められて逆ギレする様に、相当メンタルをやられた」(30代女性)

といった、不倫により悲痛な思いをした読者から体験談が寄せられている。(文:コティマム)

不倫夫を「奴隷にしてやった」マンションを買わせ子どもたちが大学まで離婚せず

40代の女性は、夫の家族に対する態度が急変したことから不倫を悟った。

「夫が急に冷たくなり、子どももかわいがらなくなった末、家出した。絶対に理由を言わなかったが、キャバ嬢を好きになって通い放題したかったみたい」

不倫はここまで人を変えてしまうのだろうか。女性は夫とやり直すことを決めたが、「奴隷にしてやった」と明かす。

「『今度家出したらマンションを買う』と約束させた。私の冷たさに根を上げた夫がまた家出したので、さっさとマンションを買わせて、子どもたちが大学を出るまで離婚を拒否。シングルマザーで苦労するのは嫌だったから」

離婚を選ばず、好き勝手した夫に制裁を与えた女性。裏切った相手と家族を続けることはつらいだろうが、子どもたちの将来を考えれば「冷静な判断」と言えるかもしれない。

離婚翌日に不倫相手と再婚した夫「不倫って本当に別人になるんだと思った」

単身赴任中の夫が不倫に走るケースも。40代の女性は、元夫との離婚劇に虚しさと怒りを感じている。「夫が単身赴任中に、職場の部下と不倫。不倫直後に気が付き、探偵依頼、弁護士依頼とすぐに行動を起こした」と振り返る女性。それから約2年後に離婚が成立した。

「結婚20年を超え、かなり仲の良い夫婦だったが、一度の謝罪もなし。不倫発覚後から一度も会わず、話もせずに離婚。次の日にその女と籍を入れていた。不倫って本当に別人になるんだと思った。子どもの進路もつぶされ、一生許すことはない」

家族への裏切りを詫びることもなく、すぐに不倫相手と再婚した元夫。彼らが今幸せに暮らしているかどうかはわからないが、「ひとつの家庭を壊した」という自覚と反省の気持ちは持っていてもらいたいものだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「不倫したこと・されたことはありますか?」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
驚愕!社内不倫が多い職場「ゲーム感覚で女子社員に手を出す上司」「飲み会がやたら多く、そこで連絡先交換」
“不倫された妻”の怒りの声「妊娠中に夫が職場の女性とW不倫」「双方の両親を呼び出して土下座させた」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ