「総額2000万円失った。1日で20万近く負けたことも」パチンコにハマった40代男性の現在 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「総額2000万円失った。1日で20万近く負けたことも」パチンコにハマった40代男性の現在

画像はイメージ

長年ギャンブルにハマっていると、”やめ続ける”には相当な苦しみが伴うようだ。キャリコネニュースでは「パチンコなどギャンブルがやめられない人」の体験談を募集。流通・小売系で正社員として働く40代後半男性(年収750万円)が、これまで使った総額や「やめたいと思った瞬間」など経験談を語ってくれた。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「パチンコなどギャンブルがやめられない人」の体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/VVMEY3CH

「本気で止めるつもりでも、何か理由を付けて、気がつけばホールで座ってました」

「子どもが産まれたのを機に、現在は6年ほど止めれていますが、19歳の頃から43歳位までパチンコ、スロットにドップリとはまっていました」

と男性は振り返る。24年もの長い年月ハマり続けていたのだ。かけてきた金額も相当なものになってしまった。

「おそらく総額2000万近く失っていると思います。 一日で20万近く負けた時に、本気でやめたいと思いましたが、それでもズルズルとホールに行ってしまって、もうどうでもいいと、自暴自棄になった時もありました」

やめたくてもなかなかやめられなかったという男性。

「本気で止めるつもりでも、何か理由を付けて、気がつけばホールで座ってました」

というから、かなり重症だったことがうかがえる。現在はやめることが出来ているが、ふとしたきっかけで元に戻ってしまうことを恐れているようだ。男性は自らの危うさを

「今でもたまにですが、スロットを打ちたくなります。今行ったら又元通りになるのが分かっているので、昼寝などして行かないようにしています」

と綴っている。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ