世帯年収1200万円、所得制限に怒る夫婦「下の子が私立に入ったら毎月赤字です」

「まったく生活に余裕がなく、カツカツ」

「まったく生活に余裕がなく、カツカツ」

子育て世帯にとって大きな負担となるのが教育費だ。公立校ではなく私立校に進学する場合は、さらに出費がかさむ。世帯年収1000万円から1200万円は、子どもの教育費に関する支援に所得制限がかかってしまう世帯。平均以上の年収でも、教育費を考えると余裕があるとは言えないようだ。キャリコネニュースには、

「子どもの教育費に最大限お金をかけている。日々の生活で余裕は実感できない」(新潟県/50代前半/男性/既婚子ども1人/マスコミ系/正社員/世帯年収1100万円)
「『平均よりは上』と言われる年収だが、保育料や税金など支出も多い。奨学金返済などもあるので、ぜんぜん楽じゃありません」(大阪府400代前半/女性/既婚子ども2人/その他/契約社員/世帯年収1200万円)

といった声が寄せられている。(文:コティマム)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「年収1000万円くらいが一番恩恵を受けていない気がします」