無名短大から派遣先を渡り歩き大手正社員になった女性「学歴はまったく関係ない。仕事ができるかできないか、それだけ」

岐阜県の50代女性(年収350万円)は、高卒で事務・管理職の正社員として働いている。女性の職場では、高卒でも大卒でもやる仕事は同じだ。

「大卒だからといって仕事ができるわけでもない。学歴ではなく『仕事ができる・できない』で判断している」

福岡県の30代男性は、アメリカのスタンフォード大学経営大学院を卒業。華々しい経歴を持ち、現在は専門コンサルとして年収2000万円以上を稼いでいる。しかし男性は「学歴が必要」とは思っておらず、「学歴は自分の能力の一部分。『学歴の良さ』と『優秀さ』は因果関係にないと思う」と語る。

「大学は就職するための通過点ではなく、研究するところ。私は学歴が欲しくて大学に行っていません。『そこでしか勉強できないことがあった』ので行きました」

あくまでも「学びたいことがあったから進学した」という男性。飾りのための学歴ではなく「学びたい」と本気で思うことに意味があるのかもしれない。

派遣社員から大手正社員へ「学歴は不要ですが、職歴は重要です」

神奈川県の40代女性は「私は完全無名の短大出身です」と語る。女性は現在、メーカーの正社員として年収600万円以上を稼いでいるが、それまでは派遣社員として数々の大手企業を渡り歩き、キャリアや能力を磨いてきた。自身の実体験から、「学歴は不要」と考えている。

「自分の好きな仕事をしたい。異動を余儀なくされる大手企業は最初からまったく興味がなかった」という女性は短大卒業後、中小企業に就職した。その後は海外に遊学。「会社に縛られずに海外旅行をしたい」と考え、帰国後もあえて派遣社員として複数の会社で働いてきた。

女性には、派遣先を変える時のモットーがあったという。それは「必ず前の派遣先よりも時給の高いところ」に移ること。そのためには「スキルをあげること」が必要だ。女性は「会社側から『正社員にしたい』と思われる人材になって辞める」という目標を常に掲げ、意識して働いた。また「大手企業にしか行かない」と決め、派遣先を厳選して渡り歩いた。

「大手企業での派遣経験があると、次の派遣先で『あの大手企業で働いていたのだから大丈夫』と思われ、採用のハードルが下がります。学歴は不要ですが、職歴は重要です」

女性は大手の派遣社員として自由に働きながら、好きなだけ海外旅行を満喫。行き尽くしたところで「そろそろどこかに就職してもいいかな」と思うように。40歳を過ぎた頃、複数の派遣先から正社員の打診があり、自分に合った仕事を選んで正社員になった。

実力で大手企業の正社員になった女性。その自信から「学歴はまったく関係ありません。会社に入ってしまえば、どこを卒業したなんて関係なくなります。仕事ができるかできないか、それだけです」と断言する。

「学歴のない人は発想の転換が大事。派遣で大手企業に入り、正社員並のパフォーマンスを見せれば、必ず上の人たちは目をかけてくれます。私のように40歳を過ぎても採用してくれます」

女性は自分自身で道を切り開いてきたからこそ、身をもって「学歴不要」を実感している。

※キャリコネニュースでは引き続き「学歴は必要だと思いますか?」【緊急募集】三度目の緊急事態宣言、あなたが思うことや現在困っていることを教えて下さいなどのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
“高学歴=幸せ”とは限らない 京大院卒50代男性「私と同様の学歴でも、成功していない人はたくさんいる」
「凡人こそ学歴はあったほうが便利。早慶ブランドはすごい」と語る20代男性