年収1400万円でも「高校は絶対県立。音大附属は断念させた」 子ども3人の負担感とは | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

年収1400万円でも「高校は絶対県立。音大附属は断念させた」 子ども3人の負担感とは

イメージ画像

画像はイメージ

「子どもは3人欲しかったが、2人目ですら余裕がないから諦めろと夫に言われる始末。こんなことでは子どもが欲しくても産めない」

世帯年収1200万円の30代女性(東京都/その他)から、こんな声がキャリコネニュース編集部に届いた。

世帯年収が1200万円でも、子ども1人の子育てが難しいとは。今回は子どもが3人いる家庭の回答を見ていこう。(文:林加奈)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートも実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

世帯年収1400万円の女性「大学学費のために1人500万円貯めた」

世帯年収が1000万円以上でも、子どもを3人育てていると「余裕なし」の悲鳴が上がっている。

「住宅ローンに子ども3人の学費や生活費、全然余裕がありません。頑張って働いても余裕のある生活ができないなら、なんのために頑張ればいいのでしょうか」(東京都/40代男性/その他/世帯年収1400万円)
「3人の子どもの教育費が大部分を占め、ぜいたくまではいかないが普通の生活はできている。預貯金には回せず、住宅ローンの返済に充てている。児童手当の金額もバカにしているし、収入が高い世帯で子どもが多ければ多いほど損をする」(東京都/40代男性/その他/世帯年収1100万円)

特に1000万円を超えてしばらくの世帯は、税金が高くなる一方で、高校授業料無償化などの補助が受けられないという、谷間の苦しみを味わっているようだ。

中には「高校無償化の対象外なので、高校は絶対県立と言ってある。長女が先生から音大附属を進められたが費用的に断念させた」(神奈川県/40代女性/その他/世帯年収1400万円)という声もあった。

高額な教育費を見越して、貯蓄をしたという人も。神奈川県の40代女性は「大学の学費のために1人500万円貯めました。今のままの収入があれば貯金を崩さなくても払っていけそう」(その他/世帯年収1400万円)と綴っている。

なお、日本政策金融公庫の「令和2年度・教育費負担の実態調査結果」によると、高校入学から大学卒業までにかける子ども1人当たりの教育費用(入在学費用)は 965万円にも及んでいるという。

※アンケート概要
■実施期間
2020年10月26日~
■回答数
1854※8月13日時点
(記事では、2020年11月6日から2021年7月31日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/6FE3D7NZ
■質問項目
・現在の世帯年収でどのような生活を送っていますか? 満足している点、不満な点、エピソードを教えてください。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ