コロナ禍の忘年会「自粛して当然」の声が殺到!「いい加減、昭和な飲み方を廃止すべき」と不満を募らせる人も

今年の忘年会は自粛する企業が目立つ

今年の忘年会は自粛する企業が目立つ

そろそろ年末年始に向けて、カウントダウンが始まる時期だ。例年であれば忘年会→仕事納め→新年会というのが、世のビジネスパーソンの一般的な流れだろう。しかし今年は、特にこの師走に入ってから猛威をぶり返す新型コロナウイルス第3波の影響で、忘年会や新年会を自粛する企業が目立つ。キャリコネニュース読者からも同様の声が多く寄せられている。

「忘年会も新年会もすべて中止になった」(40代男性/福岡県/営業)
「どちらもありません。新年会は春ごろに延期とのこと。ただ、その時の状況で判断するみたいです」(40代男性/佐賀県/建築・土木技術職

「例年は忘年会も新年会もありますが、今年はありません」(50代男性/千葉県/公務員)

愛知県の30代男性もその一人で、コロナ禍における年末年始イベントについても言及している。(文:鹿賀大資)

「新型コロナのワクチンが普及するまで我慢するしかありません」