世帯年収250万円の30代女性「近くに海と山がある。食材は釣ってきた魚、山菜も使います」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収250万円の30代女性「近くに海と山がある。食材は釣ってきた魚、山菜も使います」

家計簿の画像

贅沢しなければ生活はできる?

世帯年収200万円台というと色々厳しいところもありそうだが、実際どうなのか。愛媛県の40代既婚男性は、介護施設の相談員で世帯年収250万円。子ども4人を育てる多子世帯だが「贅沢しなければ生活はできる」と述べ、

「前職は夜勤がある介護士。夜勤手当はついても、体調を崩しがちだったので転職をした。ちなみに四国の田舎なので、年収300万円まではいかなかった。今は手取りで20万円弱、ボーナスはない。それでも土日祝日が休みだから、そこはいいけど」

という声を寄せている。引き続き、ほかの投稿も見ていこう。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「子どもたちからの『ありがとう』が日々の励みになっています」

鹿児島県の30代既婚女性(サービス系)は、夫婦と子ども2人の4人家族で世帯年収250万円だ。「公営住宅など低所得者向けの制度を利用しています」と綴る。また土地柄、車を所有しているが「移動手段のメインは原付バイクです」と付け加えながら、生活状況について続ける。

「普段の食事はスーパーを利用し、基本は玄米に味噌汁、魚です。そこに簡単な小鉢もつけます。たまにラム肉を買うことも。あと近くに海と山があるので、釣ってきた魚とか、採ってきた山菜とかを食材にしています。でも正直、貯金ができず、生活費は足りていません」

女性は「子どもたちからの『ありがとう』が日々の励みになっています」とも語っていた。

「自炊で頑張っています」という独身者の声も

岡山県に住む年収250万円の30代女性は、2人の子どもを養うシングルマザー。正社員の看護師をしながら、別のアルバイトをかけもちしている。それでも毎月の給料は生活費と学費、住宅ローンの支払いで「お金が残りません」と嘆く。

「子どもは成長が早いので、服代がかかります。私は3枚程度の着回しで、新しい服はここ何年も買っていません。ちなみに子どもの服を購入する時は、だいたいカード決済です。これから進学を控えており、お金を用意しなければなりませんが、貯金も払うあても、借りるあてもないです。日々のご飯で精一杯です」

そうした状況のため「最近はポイント活用による節約を考えています」と明かした。

一方、年収200万円台の独身者からは、

「スーパーでできるだけ安い惣菜や食材を買って、自炊で頑張っています」(40代男性/宮崎県/流通・小売系/年収250万円)
「もう少し収入は欲しいけど、定時退社で残業もないから、そこは満足。一人暮らしだが、少ないながら貯蓄もできている」(30代女性/兵庫県/メーカー系/年収250万円)

といった声が寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「夏のボーナスいくらですか?」などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」
「妻が専業主婦で働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ