30代女性のブラック企業経験談 「辞めたら人生詰む」と続けた仕事「リーマン・ショックで切られました」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

30代女性のブラック企業経験談 「辞めたら人生詰む」と続けた仕事「リーマン・ショックで切られました」

同期もどんどん辞めていきました

「ブラック企業で働いた辛い過去」を語る人の声はやまない。キャリコネニュース読者からは、理不尽な長時間労働や上司からの暴言に苦しめられたという投稿が数多く届いている。

営業職の30代後半女性は、「定時時刻30分前に資料提出を求められ、提出する度に何度も訂正。午前0時に及ぶ」「深夜3時頃まで電話で叱責される」と、過去の過酷な状況を明かしている。(文:okei)

「打ち合わせもタイムカード打刻後に22時位まで。頭がおかしくなりそうでした」

新卒で、不幸にもブラック企業に入ってしまうケースは少なくない。現在サービス業(販売・外食)で働く30代前半女性は、「リーマン・ショック前の出来事」として、短大卒業後の新卒時代の日々を打ち明けた。入社したのは精密機器の中小企業で、勤務地は遠かったが「やっと貰った内定だったので、張り切っていました」と語る。

本社での新人研修、「外部からどこの誰かわからんコーチ」が来て1週間ほど行われた。労働契約書を渡されたがすぐ回収され、それが最初で最後の読む機会になった。研修は長時間に及び、22時過ぎまで続くこともあったという。

家から比較的近い支社への配属希望もかなわなかった。配属後も長時間労働が続き、

「タイムカード打刻後に 早くて20時まで残業。研修後も、もちろん残業代はなく奴隷状態」
「直属の上司が怒鳴りまくったりは日常茶飯事」
「文房具などは全て自前。会社の作業着のみ会社支給」

など、滅茶苦茶な勤務実態だった。女性は、どんどん追い詰められていったようだ。

「研修発表会の打ち合わせもタイムカード打刻後に22時位まで。頭がおかしくなりそうでした。死にたくなりましたが辞めたら辞めたで人生詰むと思って続けました。 正社員なのにどんどん人は辞めてったり入ってきたりでバイトみたい。同期もどんどん辞めていきました」
「残業そのものがもう出来なくなっており 急に残業になると涙が溢れて止まらなくなりました。 泣きながら運転して事故になりそうになったり」

そんな過酷な労働環境にも耐え続けた女性だが、そんなにまでして働いていたのに「翌年リーマン・ショックで切られました」。酷い仕打ちを受けたとあって、会社に対する恨みを忘れることは出来ないようで、「今でもあの会社はあるみたいです。私の健康な心と体を返して欲しい」と結んでいる。

※アンケート概要
■実施期間
2019年12月19日~
■回答数
727 ※2021年8月2日時点
(記事では、2021年5月15日から7月30日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/G42CZUHP
■質問項目
・体験した「ブラック企業」エピソードを教えてください。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ