「うちは高学歴が多いんですが、マトモに話すことできますか?」 面接で言われた失礼な言葉 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「うちは高学歴が多いんですが、マトモに話すことできますか?」 面接で言われた失礼な言葉

画像はイメージ

採用面接の面接官は、応募者に何を言っても許されると思っているのだろうか。キャリコネニュースの面接をテーマにしたアンケートには、

「いきなり面接で店長が『貴方精神障害持ちでしょ?暴れるタイプの』と言われ、挙句家庭の事情を詳しく教えてと言われ、『扶養になってるのは、甘えだから』と言われた」(福島県/20代女性)

など、面接官の失礼な言葉に憤る人たちから経験談が寄せられている。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「この経験だと誰も雇ってもらえないでしょ?」

「以前、福祉事務所で会計の募集をしており、面接に行った」という50代前半の女性(事務・管理 正社員/年収400万円)は、面接官から

「うちは、高学歴の人が多いんですが、マトモに話すことできますか?」

と質問されたという。「その後そこで働いたが、なにかにつけて学歴差別され、パワハラにもあったので1年少しで退職した」と女性は綴っている。

また、東京都に住む40代前半の女性(事務・管理/派遣社員/年収150万円)は「未経験可で募集していた仕事に、ほぼ未経験で面接に行った時のこと」をこう打ち明けた。

「面接官はおそらくそこの社長らしい方で、まず第一声に『この経験だと誰も雇ってもらえないでしょ?〇〇円(募集時より大幅に安い)でうちに来ていいよ』と言われました」

あまりのセリフに女性は「そのあと何を面接したか覚えてませんが、このお仕事が初めて自分から断ろうと思った仕事でした」と怒りを再燃させていた。その後は面接に臨むときの心構えが変わったようで

「それから、面接時にはこちらも入社する会社を見極める姿勢で面接官とお話しするようにしています」

と綴っている。面接官は、自分ばかりがジャッジする立場だと油断しないほうがいいだろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ