アル中無職の元妻と不倫したあげくストーカーで前科がついた夫 「私の人生全てが崩壊したようでした」と妻 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

アル中無職の元妻と不倫したあげくストーカーで前科がついた夫 「私の人生全てが崩壊したようでした」と妻

私の人生全てが崩壊したようでした

私の人生全てが崩壊したようでした

不倫されると、パートナーと築いてきた全てのものが壊れてしまう。その心を立て直すのは簡単ではない。今回は、キャリコネニュースに寄せられた40代女性(会社経営)の体験談を紹介する。離婚歴のある男性と結婚した女性は

「夫が元妻と30年ぶりに偶然再会し、それ以来3年間不倫が続いていました」

と苦しみを語りだした。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは不倫をテーマにアンケートを実施中です。回答はこちらから https://questant.jp/q/TX9IZBNW

元妻の生活を支えていた夫「貸したお金も踏み倒されました」

夫は元妻と不倫していたという。

「相手の方はアル中で、無職のバツ3のシングル。極貧暮らしで健康保険証も無い生活。そのため『情がある』『かわいそう』という理由で彼女と娘2人(夫の子ではない)の家族の生活を支えていました」

情に流され、元妻だけでなく血の繋がらない子どもまで支えていた夫。しかしそんな夫は元妻から関係を切られてしまう。

「夫は最後は彼女からストーカーで訴えられ、前科がつきました。また貸したお金も踏み倒されました。私が知ったのは、夫が留置所に捕まって、夫の希望で雇った弁護士から話を聞いた時でした。寝耳に水で、今までの私の人生全てが崩壊したようでした」

元妻のために尽くしてきた夫は、元妻のせいで前科がついてしまった。

修羅場を乗り越え「はたから見たら仲良さそうに見えると思います」

その後、女性には夫との修羅場が待っていた。

「留置所から出てきた夫は3か月ほど放心状態で、働きません。夫婦喧嘩も多発し、パトカー3台警官8人が来たこともありました(前科があるのでマークされているせいか、警察がすぐ来ました)。私も心療内科に1年ほど通う中、仕事、子育て(9歳と5歳)と認知症の姑の世話など、今までと同じ生活を維持しなければならず、苦しかったです」

夫の不倫が明るみになって1年。修羅場を乗り越え、「はたから見たらいつも一緒に行動してるので(夫がしつこいくらいどこ行くにもついて来る)、仲良さそうに見えると思います」と女性は語る。しかし……。

「私は子育てが終わったら離婚したいと思っています。ここまで来るのに本当にきつかったです」

裏切った相手と老後も笑顔で過ごせるか?簡単には許すことはできないだろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ